とかち大平原交流センター

とかち大平原交流センター外観

とかち大平原交流センター内観 とかち大平原交流センターイベントの様子

帯広市川西にある、
農業を通じて交流する施設

とかち大平原交流センターは、都市と農村の交流を深めるために作られた施設で、古民家「旧川原邸」、とかち農機具歴史館、農作業が体験できる畑などが隣接しております。
当センターでは、近郊の観光情報などを提供するほか、研修室や調理実習室もあり、地元住民の会合や研修セミナー、料理教室など、一般の方にも広くご利用いただけます。各貸室の使用料はこちらをご覧下さい。
また、春から秋にかけて、新鮮な地場農産物を販売する「夕市」が開かれ、大勢の来場者でにぎわい、地元住民と生産者との交流が行われています。とかち大平原交流センターで開かれるイベントの最新情報は、お知らせブログをご覧下さい。

交流スペース

交流スペース

とかち大平原交流センターに入るとすぐにある交流スペース。大きなディスプレイと、2台設置しているパソコンで、当サイトのサテライト情報を探すことが出来ます。

調理実習室(16畳)

調理実習室(16畳)

一般の方でも利用できる調理実習室では、料理教室やイベント用の調理などに利用されています。

研修室1・研修室2(各和室12畳)

研修室1・研修室2(各和室12畳)

研修室1・研修室2をつなげる

地元住民の会合などに利用される研修室は、2部屋ございます。
2部屋をつなげて利用することも可能です→
(その場合は、2部屋分の使用料がかかります。)

多目的1(洋室30畳)

多目的1(洋室30畳)

研修室よりも広い、洋室の多目的室。会議やダンスサークルなど、様々な催し物に利用できます。机やイス、ホワイトボードの貸し出しも可能です。

多目的2(洋室23畳)

多目的2(洋室23畳)

多目的1・多目的2をつなげる

多目的1と多目的2をつなげて利用することも可能です→
(その場合は、2部屋分の使用料がかかります。)

とかち大平原交流センターの貸室について

使用申込手続

  • ・使用許可申請書の提出が必要です。(使用内容によっては、使用許可しない場合もあります。)
  • ・事前の電話でのお申し込みも受け付けます。
  • ・お申し込みは、(当月を含めて)4か月前から受け付けます。
  • ・キャンセル・変更は、1週間前までにお願いします。
  • ・使用料は前払いです。
    ※夜間利用の方は、遅くとも前日の午後3時までに申請書を提出し使用料をお支払いください。
  • ・つり銭のないようご協力をお願いします。

貸室の使用料内訳

区分 1時間につき 全日(9:00~22:00)
使用料 暖房料 使用料 暖房料
研修室1(和室12畳) 60円 80円 700円 950円
研修室2(和室12畳)
多目的1(洋室30畳)
多目的2(洋室23畳)
調理実習室(16畳) 60円 60円 700円 700円
※暖房料は10月20日~翌4月30日まで負担いただきます。
※期間外に試用した場合は該当暖房料の60%になります。

館内 見取り図

とかち大平原交流センター 内観見取り図
名称とかち大平原交流センター
住所帯広市川西町基線61
電話0155-53-4780
休館日月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、年末年始
開館時間午前9時から午後10時
(夜間使用がない場合は午後5時まで)
入館料無料(貸室を使用する場合は有料)

とかち大平原交流センター

とかち大平原交流センターからのお知らせブログ

他の総合案内所について

ページトップへ